「他人の時計をのぞかない」ということ。

ゼロバイオリズムにおける夏の過ごし方

先日「劇団四季」の浅利慶太さんが亡くなられましたね。
浅利さんは1933年3月16日生まれ。酉年、月のエンターテイナーです。

基本、人はどこか一つの宿命ポジションに生まれ落ちるのですが、彼は特殊な生まれ星で月のエンターテイナーと月のモデストの両方の宿命ポジションを併せ持つ人。
非凡な人生を歩む宿命にあり、この特殊な生まれは芸能人や著名人に多い生まれでもあります。
Xジャパンのtoshiさん、市川海老蔵さん、美空ひばりさん、将棋の藤井聡太さん、ゴルフの石川遼さん、フィギュアスケートの羽生結弦さんなど各界で活躍している方に多く見られる生まれです。(こちらはほんの一部のご紹介ですが)と、この話はおいおい・・・

浅利さんもまた日本のミュージカルに大きな足跡を残された方でした。

亡くなられた同日、会見の中で市村正親さんが浅利さんから「他人の時計をのぞかない」ということを教わったとおっしゃっていました。

『人には人の時計がある。人の時計をのぞくと、なんで俺はこの役なんだと比較してしまう』という意味ですと。

私はこの言葉がとても心に響きました。

ゼロバイオリズムにおける運気ランキング

人って身近な人と比べたり、ちょっと前の調子のよかった自分と比べちゃうんですよ。
調子のいい時は振り返りもしないのに、ふと陰ってきた時にアレ?って。
そして焦って余計うまくいかない自分に自信をなくして。

私はこのゼロバイオリズムを通して今の自分は過去の自分とも他人とも比べる必要がないということを学びました。

人にはそれぞれ運気の波、バイオリズムがあるのです。
同じ地点を歩いていないのです。

調子のいい人はそういう地点にいるだけ。自分はそこにいないだけ。
調子のいい人もやがて自分と同じ地点にくる。

まさに「他人の時計をのぞかない」ということです。

もし今辛いと感じている人がいるのなら、人は人。
自分の道は”今”ここなんだから、焦る必要はないのです。
明けない夜はないように。しっかり休まないと動くときに動けない。ただそれだけです。

改めて気づかせていただきました。浅利さん、心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・

ご覧いただく度に以下ボタンのクリックの応援・ご協力お願いします m(_ _)m 】

     にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

このブログが少しでも多くの方に届けばと思っています。こちらのブログを「ご覧いただく度に」上記のボタンをそれぞれクリックして応援していただけると嬉しいです^ ^
リンクに飛ぶだけですが、クリックいただくと他の方にも記事をご覧いただきやすくなります。ですので是非ご協力よろしくお願いします(*^^*)

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・

参考になったらシェアご協力お願いします☆

ABOUTこの記事をかいた人

ゼロバイオリズム鑑定士 / 太陽のエンターテイナーです♪ 恐ろしいほどよく当たる統計学を基礎にしたゼロバイオリズム鑑定を行っています。何事も始めるタイミングはとっても大切。恋愛はもちろんビジネスのご相談に。個別鑑定もお気軽にお問い合わせください^^ 趣味は美味しいものを食べること。赤提灯からフレンチまで幅広く食べ歩いています。動物が大好きです。ワンコとニャンコも飼っています♡